女性に大人気の星座占いについての耳寄りな情報を紹介しています。占い好きの方は是非ご覧下さい。

前へ

次へ

星座占いの内容を覚えておく事がポイント

naiyouwooboeteokuの画像1
レディコミや女性雑誌に掲載されているのが星座占いのページです。ついつい気になって目に止めてしまいます。それを信じるかどうかはひとそれぞれ。読み流して気にしない人もいます。気になってしまって記載されていることを実践する人もいます。

星座占いと言っても当たる占いと当たらない占いがあります。

自分にとって都合の良いことは当たっていると感じます。それを信じることは自己暗示でもあって決して悪いことではありません。そういった星座占いの活用方法もあってしかり。

毎月お金を出して定期購読している雑誌の星座占いは、何故かしら的中率が高い……そういったことはありえます。逆に、一生懸命読んで、その通り実践しても全然当たっていないこともあります。占いは当たるも八卦当たらぬも八卦なのです。

できることならば的中率が高い占いに巡り合いたいでしょう。ですが冷静に考えてみたら、当たったかどうか判断できるのは星座占いのページを読んだ少し先の話になります。実際は的中していても気がついていないケースもあるでしょう。人間は忘れる動物ですから占いを読んだことすら忘れます。もしかしたら、折角の的中率の高い占いなのに活用できていないかもしれないです。

そうなれば、占いを活用するには星座占いの内容をしっかり覚えておくことが必要です。場合によってはメモを書いていてもいいですし、iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンで写真をとっておくのも今風な使い方です。覚えているかいないかでも的中率は変わってくるわけです。

星座占いで占えることとは?

uranaerukototohaの画像2
雑誌やテレビなどで毎日見る占いが星座占い。もしも本日の星座占いの運勢がよくなかっても諦める必要はありません。また明日があると前向きに考えましょう。そうすれば道は開けます。

星座占いは有名ですがどういった占いができるのでしょうか?

(1)恋愛運(2)金運(3)健康運(4)ラッキーナンバーなどです。

1番目は恋愛運です。

・ 意中の異性に告白をしても成功するかどうか?

・ 交際中の恋人との仲は上手くいくのか?

・ 結婚を視野にいれている人とゴールインできるのか?

こういったことが占えます。告白する場合は恋愛運が良い日にしましょう。そうすれば当たる占いだと実感できます。

2番目は金運です。

・ お金の支出が多い時期だから出費に注意したほうがよいかどうか?

・ 臨時収入があるのかどうか?

・ 投資などで勝負するタイミングだけれど思いきったほうがいいのかどうか?

ここぞという勝負時にお金を使いたいならば、金運が良いときを選びましょう。

3番目は健康運です。

・ 体調が絶好超かどうか?

・ 調子が悪く風邪を引きやすいかどうか?

こういったことがわかります。

普通の体調の場合もあるでしょう。体調が悪い場合は、うがいや手洗いを徹底しましょう。洋服を重ね着することで風邪対策ができます。風邪を引かなければ当たる星座占いであることが理解できるでしょう。

4番目はラッキーナンバーです。

比較的自分で道を開きやすいです。ラッキーナンバーがわかれば、その数字を意識すればいいだけです。近くにあるのは時計です。1分間時計を見れば0から60の数字を見ることになります。

西洋の星座占いと東洋の星座占い

seiyoutouyouの画像3
星座占いと聞くと、朝のTVショーでやっている「今日の占い」が頭に浮かぶと思います。

この星座占いは、西洋で発展してきた占いを簡素化したものだと言えます。

その一方、星座占いには四柱推命に代表される、東洋で発展してきた占いもあります。

東洋と西洋。

果たして、両者にはどのような違いがあって、どっちが的中率が高いのでしょうか?

西洋占星座術

私たちがよく見かける12星座座を基にした星座占いは、サン・サイン占星座術と呼ばれる太陽のサインを利用した占いを簡略化したものです。

12星座座は「男女」の2区分、「火、水、空気、土」の4大元素、「活動、定着、変通」の3区分に分けられ、それを組み合わせることで運命や意志を表示することができるといわれています。

東洋占星座術

東洋占星座術の代表的なものは四柱推命。

西洋占星座術との大きな違いは、4大元素ではなく陰陽五行を基にしている点です。

また、西洋占星座術では今のこの一瞬は二度と訪れないと考えているのに対して、東洋占星座術は一定サイクルで繰り返す「暦」を基にしています。

じゃあどっちがいいの?

実は、得意分野が違うのです。

西洋占星座術は、性格の傾向を分析する場合に向いています。

例えば、気になる人と自分との相性。

自分の性格と相手の性格の両方を占うことで、相性を知ることができるし、対策を打つことだって可能になります。

一方、東洋占星座術は運勢を占う方向で優れています。

今日の自分の運勢を知ることで、大きなことに挑戦するか否かを決定する手助けをすることが、東洋占星座術の長所だと言えるでしょう。

一口に星座占いといっても、得手不得手があるものです。

まして、星座占いの種類は東洋西洋の2種類だけではなく、さらに言えばそれぞれの中にも数々の派閥があります。

占いと上手に付き合うために、自分に合った占いを占い師の方に助言してもらうのも一つの手段なのかもしれませんね。